模型製作・車の修理・ロレックス等
プラモデルはフェラーリをメインに製作してます

「月刊ホビージャパン」という模型雑誌でカーモデル作例ライターとしてデビューしましたが試行錯誤の連続です 次の仕事は来るのか?ドキドキです😅💦 作例製作中blogは不定期更新になります
長年の整備経験を活かした本気の製作をする時も稀に有ります

タグ:タイヤ

sketch-1535549363053
AJINOMOTO ホンダ NSR 250  '90を製作しています
AJINOMOTO Honda NSR 250 '90 is being produced





カウルのリベットですが
本来なら削り飛ばして
リベットもしくはインセクトピンに変更なんですが
ストレート組なので
It is the rivet of the cowl
If it were originally scraped off
I changed it to rivets or insect pins
Because it is a straight group
DSC_7703



パーティングラインのペーパー掛けで消えた所だけ丸リベットを接着しました
I adhered the round rivet only where it disappeared with the paper hanging of the parting line
DSC_7704




ホワイトまで吹きました
I blew up to White
DSC_7710




明るい時にチェックして修正が必要だとは思います
I think that it is necessary to check and fix it when it is bright
DSC_7711





明るい時に見てムラにはなってないので
デカールを貼ってます
It is not uneven as it is seen in the bright time
I put a decal on it.
DSC_7712





少しズレましたね(^_^;)))
It was slightly misplaced (^ _ ^;)))
DSC_7715





こちらも………
合わせてデカールを置きましたが
エアを抜く時に少しズレたりが有りますね(^_^;)))
カウルの取り付けの凸モールドを削り飛ばした方がズレずに済んだかな?(;´∀`)
me too………
We put together a decal together
There is a slight deviation when extracting air (^ _ ^;)))
Was it better to skip off the convex mold on the cowl attachment? (; '∀ `)
DSC_7716




sketch-1535549363053
AJINOMOTO ホンダ NSR 250  '90を製作しています
I am producing AJINOMOTO honda NSR 250 '90





タイヤにセミグロスクリアーを吹いてます
I'm blowing semi-gross clear in the tires
DSC_7692



まだ艶有りすぎかな?(^_^;)))
Is it still glossy? (^ _ ^;)))
DSC_7693



後ろだけタイヤを取り付け
Mounting the tire only behind
DSC_7697




フロントフォーク
ハセガワのミラーフィニッシュを貼ってます
Front fork
I am pasting Hasegawa's mirror finish
DSC_7698




重い腰をようやく上げてデカール貼りに(^_^;)))
I finally raise my heavy waist and paste it on a decal (^ _ ^;)))
DSC_7699




デカール自体はカルトなので貼りやすいですね
Since the decal itself is a cult, it is easy to paste
DSC_7702




残りはホンダマークかな?
Is the rest a Honda mark?
line_1537570585980





5
sketch-1535549363053
AJINOMOTO ホンダ NSR 250  '90を製作しています
AJINOMOTO Honda NSR 250 '90 is being produced






フロントフォークにデカールを貼って
Put a decal on the front fork
DSC_7684





箱絵を………
キャリパーの形が少し違いますね
A box painting .........
The shape of the caliper is slightly different
DSC_7685





記載されてますね
It is described
DSC_7686





カウルのスクリーン部分をマスキングして
Mask the screen part of the cowl
DSC_7687




パーティングラインを処理………
削ったぐらいでは消えませんね
パテします
Process parting line .........
It will not disappear in the sharpness
I put on putty.
DSC_7688




押しピン跡にもパテしてます
I put putty on the trace of the push pin
DSC_7689
本来なら痩せないパテか瞬間なんでしょうが硬いと削るの大変なのでラッカーパテを……
痩せるリスクも有りますけどね(^_^;)))
Whether it is a putty or a moment that is not thin as it is, if it is hard it is hard to shave and so lacquer putty ... ....
There is also a risk of thinning, but (^ _ ^;)))













↑このページのトップヘ