模型製作・車の修理・ロレックス等
プラモデルはフェラーリをメインに製作してます

「月刊ホビージャパン」という模型雑誌でカーモデル作例ライターとしてデビューしましたが試行錯誤の連続です 次の仕事は来るのか?ドキドキです😅💦 作例製作中blogは不定期更新になります
長年の整備経験を活かした本気の製作をする時も稀に有ります

タグ:アウディ

5
sketch-1544610005690
タミヤ フェラーリ FXXを製作しています
I am producing Tamiya Ferrari FXX.






マフラーはガイアのプレミアムミラークロームを吹いてます
ディノ246GTの窓枠にも同時に………
と言う事は今年の初め頃ですね(((^_^;)
The muffler is blowing Gaia's premium mirror chrome
Also for the window frame of Dino 246 GT at the same time .........
It is about the beginning of this year to say (((^ _ ^;)
DSC_9248




DSC_9249




シリンダーヘッドカバー(タペットカバー)
タミヤのイタリアンレッドです
Cylinder head cover (tappet cover)
It is Italian red of Tamiya
DSC_9250




一番細かなフラットアルミで塗る部分はエナメルを筆塗りです
チタンゴールドの所もですね
The part painted with the most detailed flat aluminum is brushed with enamel
The place of titanium gold is also
DSC_9259




軽くクリアーブルーとクリアーブラウンで焼け色を
Lightly burnt with clear blue and clear brown
DSC_9273




ボディーパーツで先に吹けるのをイタリアンレッドで
タミヤの瓶ラッカーを使ってます
It is Italian red to blow first with body parts
I use Tamiya's bottle lacquer
DSC_9278





この時アオシマのベンツも塗ってましたので
At that time, I also painted Aoshima's Benz.
DSC_9279




ファンデーションピンクを挟む挟まないで少し色に違いが有るかな?
Is there a slight difference in color without pinching the foundation pink?
DSC_9280
アオシマのベンツはピンクサフ→ファンデーションピンク→イタリアンレッド

FXXはピンクサフ→イタリアンレッド

FXXはボディーにデカール貼りますのでクリアー層が厚くなるので全体が厚ぼったくならないようにファンデーションピンクは抜きました
Aoshima Benz is pink saf → foundation pink → Italian red

FXX is pink saf → Italian red

Since the decal is attached to the body of the FXX, the clear layer is thick, so foundation pink is removed so that the whole is not thickened.


過去作品のブラックバージョン










5
sketch-1544610005690
タミヤ フェラーリ FXXを製作しています
I am producing Tamiya Ferrari FXX.





ホイールに艶黒
ガイアの大瓶のブラックです
Glossy black on the wheel
Gaia's large bottle is black
DSC_9238





DSC_9239





エキゾーストパイプも同様です
The same goes for the exhaust pipe
DSC_9240





シリンダーヘッドカバー(タペットカバー)はピンクサフです
Cylinder head cover (tappet cover) is pink saf
DSC_9241





作ったパイプはブルーメタリックに
The pipe made is blue metallic
DSC_9243





未処理のパーツにサフを吹く準備です
I'm preparing to blow on the raw parts
DSC_9244




エッチングが2種類有るのですが
基本はstudioのエッチングを使います
タミヤ純正では省略されてる部分が有りますからね
シートベルトはタミヤ純正の方を使います
There are two types of etching
The basis uses etching of studio
There are parts that are omitted in Tamiya genuine
Seat belt uses Tamiya genuine
DSC_9245




過去作品のブラックバージョン











5
sketch-1544610005690
タミヤ フェラーリ FXXを製作してます
I am producing Tamiya Ferrari FXX




箱を開けますと
When you open the box
DSC_8823




studio27のエッチングパーツ
Etched parts of studio 27
DSC_8820




タミヤの純正エッチングパーツ
Tamiya's genuine etching parts
DSC_8821





studio27のカーボンデカール
Carbon decal of studio 27
DSC_8822




DSC_8824



ランナー洗浄しました
Runner cleaned
DSC_8844



まずはエンジンパーツから切り出し
First cut out from engine parts
DSC_8845




過去にエンツォ1台FXX2台製作してますので
何も考えずにパーツを切ってます
Since Enzo 1 unit FXX 2 units are produced in the past
I cut parts without thinking anything
DSC_8846



過去の作品
Past works
DSC_5479



過去作品のFXXブラックバージョン
http://daydate.livedoor.blog/archives/cat_250718.html



5
sketch-1545059610956
アオシマ メルセデスベンツ SL63 AMGを製作しています
Aoshima Mercedes Benz SL63 AMG is being produced





ピンクサフからでも良かったのですが
ファンデーションピンクを吹きました
I was glad even from Pink Safe
Foundation pink was blown
DSC_9272




タミヤのラッカー
イタリアンレッドを吹いてます
Tamiya's lacquer
I'm blowing Italian Red
line_1547359664750





まだ希釈がイマイチですね
The dilution is still not very good
DSC_9275




肌が悪いですよね(^_^;)))
Your skin is bad (^ _ ^;)))
DSC_9276




中研ぎして少し薄いめの希釈で吹きました
Sharpened and blown with a slight dilution
DSC_9277




この時ついでにFXXのボディーも少し吹けるのを
At the same time you can also blow the body of FXX a little bit
DSC_9278




FXXはピンクサフ→イタリアンレッドです
FXX is Pink Safe → Italian Red
DSC_9279





FXXはデカールも有るのでクリアー層が厚くなると思うのでベンツとはやり方を少し変えてます
Since FXX has a decal, I think that the clear layer will become thick, so I am changing the way of doing a little with Benz
DSC_9280














5
sketch-1536761859355
フジミ ディノ246GTエンスー後期型を製作してます
Fujimi Dino 246 GT Ens Late model is being produced





ボンネットやトランクやエンジンカウルの裏側の塗装の為のマスキング
Masking for painting behind bonnet, trunk and engine cowl
DSC_9231





やはりヒンジが折れましたね
仕方無いですね
真鍮線で作り直したいと思います
After all the hinges broke
It can not be helped
I would like to rebuild with brass wire
DSC_9232




ストリップゴムの表現にフラットブラックで塗るのでマスキングしていきます
I will mask it because it is painted with flat black on the expression of strip rubber
DSC_9234




マスキングするのに時間掛かりますね
It takes time to mask
DSC_9235




黒サフを吹いてます
I'm playing black suff.
DSC_9236




マスキングを剥がしました
これから窓枠のシルバーですね
I removed masking
It is silver window frame from now
DSC_9237















↑このページのトップヘ