模型製作・車の修理・ロレックス等
プラモデルはフェラーリをメインに製作してます

「月刊ホビージャパン」という模型雑誌でカーモデル作例ライターとしてデビューしましたが試行錯誤の連続です 次の仕事は来るのか?ドキドキです😅💦 作例製作中blogは不定期更新になります
長年の整備経験を活かした本気の製作をする時も稀に有ります

カテゴリ: タミヤ ラ・フェラーリ イエロー(パールイエロー)

5
_20201002_152837
タミヤ ラ・フェラーリ イエローのプラモデルを製作しています









ルーフのパーツの塗り分けの為のマスキング
DSC_5079




DSC_5080
先にグロス黒を吹いてクリアーを吹き研ぎ出ししてからマスキングしてセミグロスクリアーを吹きます




ガイアのセミグロスクリアーで少し艶を落としてます
DSC_5098




ルーフはガイアの大瓶のEXブラック
です
埃が入ってますね(^_^;)
DSC_5099




コンパウンドで少し磨きました
DSC_5100



フレームもサイドはコンパウンドで磨いてます
DSC_5101




ドアを開けた時に目立ちますからね
DSC_5102













ランキングに参加しています
ポチッと宜しくお願いします(^-^)v
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

模型・プラモデルランキング

5
_20201002_152837
タミヤ ラ・フェラーリ イエローのプラモデルを製作しています






クリアーコートしてます
DSC_5054




これは後で艶を落とします
DSC_5055




フレームのカーボンデカールはウェットで良いと思うのでグロスクリアーだけですね
DSC_5056



フレームの一部
艶を消さなければならない所が有るので
完全に乾燥してからマスキングします
マスキングしたくないが本音ですけどね(^_^;)
面積が少し広いのでエナメルの筆塗りも無理が有りそうな
DSC_5057





ボディーパーツにはフィニッシャーズのファンデーションクリーム
DSC_5052




DSC_5053
夜に吹いてるのでムラとか有ると思うので昼の明るい時に点検して
車の形に近い形にしてバラつきを無くすように吹きたいと思います






明るい時に見れば
ムラが判りますね
DSC_5058





乾燥を待つ間にエンジンに追加を
オレンジの配線LANケーブルを利用してますDSC_5059





DSC_5060




エキマニの下側にアルミテープにデザインナイフの持ち手を転がして模様を付けたのを貼り付け
遮熱板の表現追加
実際とは形状は違うかも判りませんが
エンジンマウント等がエキマニの下に有るので付いてるだろうと推測してます
DSC_5061





5
_20201002_152837
タミヤ ラ・フェラーリ イエローのプラモデルを製作しています







今日もカーボンデカール貼りですね
絵的には変化も無くて
苦手のデカール貼りなので
オヤジギャグを言う余裕も無く………
DSC_5037






フレーム関係は終わりが見えて来ました
DSC_5038



ボディーとドアのトリムとドアミラーは塗装してからになります




DSC_5046




DSC_5047



DSC_5048



DSC_5049
これでフレームのカーボンデカールは終了になります

ホッと一息と言いたいところですが
クリアーコートも必要ですし
グロスにする所と艶を落とす所も有ります
貼る以上に気を使うかも?
クリアーを一気吹きして溶かさないように
そしてマスキングして持って行かれないように注意も必要です

貼る事自体が苦手なのでは無くて
貼った後も気を使うから苦手意識が有るのでしょうか?…………





昨日雑誌とプラモデルを購入
私の人生において実際に買った2冊目の模型雑誌です
モデルカーズは2冊(1冊は購入・もう1冊は頂き物)手元に有りますが(フェラーリ特集)
ホビージャパンを見てガンプラばかりかと思いましたが勿論スケールモデルも載ってますね
ガンプラの所を見ててカーモデルにも使えそうな色や技法の発見も有りましたね
カーモデルしか見てないと視野が狭くなってますかね?
作らなくても良いからもう少し視野を広げるのも必要ですかね?
あまり大きな声で言うと親戚から戦車の詰め合わせが送られて来そうなので小声で(^_^;)



それとハセガワの70スープラですね
フジミの70スープラは過去に作ってますが
タミヤは再販品を積んでます(^_^;)
ハセガワが新金型で出して来たので取りあえずキープ
R32は1台も作って無いので購入はせずですね
70スープラの箱を開けて中を見てると
この前に作ったシビックRSやギャランGTO GSRより作りやすそうな感じがしますね
やはりシビックRSやギャランGTO GSRは元々の車の年代が古いからメッキバンパーやフェンダーミラーとかで組みにくさを感じた可能性も有りますね
DSC_5318







5
_20201002_152837
タミヤ ラ・フェラーリ イエローのプラモデルを製作しています









フレームの中から貼ってます
クレオスのマークセッターをメインに使ってます
DSC_5028




水では台紙から離れるのに時間が掛かりますね
ぬるま湯を使う方が作業がはかどりそうです
ぬるま湯の方がデカールも軟らかくなると思いますからね
DSC_5029





DSC_5030




昼休み模型は切るのみ
DSC_5031




DSC_5032





夜模型は貼るのみ
DSC_5033




DSC_5034




このパーツで5枚です
DSC_5035





DSC_5036




5
_20201002_152837
タミヤ ラ・フェラーリ イエローのプラモデルを製作しています






前回完成の365デイトナのエンジンのディテールアップをしてた時に
ラ・フェラーリのエンジンも少し手を加えてました
DSC_5008





イグニッションコイルへの配線の追加
DSC_5007





イグニッション コイルへの配線
12本完了
見える範囲のみになりますね
上にサージタンク(エアボックス・メーカーによって呼び名が変わる時が有りますねなどが付けば見えなくなりますからね
DSC_5009





エンジン前方のタペットカバーに配線が有ります
左右で4本完了
(国産のトヨタで言えばVVTになると推測してます)
*VVT………可変バルブ機構。4サイクルレシプロエンジンにおいて、通常は固定されている吸排気バルブの開閉タイミングやリフト量を可変とする機構
DSC_5010






そろそろフレームへのカーボンデカール貼りを…………
貼り出してしまえば何て事は無いのですが
ついつい億劫になり後回しにしてしまいます(^_^;)
DSC_5024






昼休み模型は簡単な所と
DSC_5025





切るだけですね
DSC_5026







↑このページのトップヘ