症状としてはA/Cが効かない

吹き出し口に手をかざしても冷たさの欠片もございません
ボンネットを開けて低圧の配管を触ってみても冷たさの欠片も無く

コンプレッサーが回ってるのか?確認したらマグネットクラッチは引っ付いて回ってるように見えるのですが…………

最初はマグネットクラッチが減って引っ付かないのかなと思ったのですが

取りあえずフロントバンパーを外して点検してます20210727_111838







まず結論から述べます
マグネットクラッチ不良なんですが
DSC_7408



マグネットクラッチとプーリーです
DSC_7409



ここにゴムが入ってます(車によってはゴムの無いタイプのも有ります)
DSC_7410



このゴムが千切れててマグネットクラッチは引っ付いてもコンプレッサー自体が回って無かった
DSC_7411


このゴムのダンパはクランクプーリーに使われてます
A/CのON・OFF時のショックを吸収してクランクの捻れ防止の為ですね



ダイハツ タントはクランクプーリーにゴムダンパ付いてないのかな?



修理内容ですが
マグネットクラッチのみ交換して様子を見る?

コンプレッサーを回した感じが少し重たいような気もしたので(圧力が掛かれば重たくなるのは普通です)
コンプレッサーが焼き付き掛けて重たいのでゴムのダンパが千切れたような感じも有ったので


最悪の事も考えて
2枚目の写真を見て貰えば判るとは思いますが
コンプレッサー交換


DSC_7412




コンプレッサーにかじりとか有ってアルミの粉が回ってたりしてはダメなので
レシーバータンク交換なんですがコンデンサーと一体なのでコンデンサー交換
DSC_7404



右の丸い筒がレシーバーですね
DSC_7405




ラジエーターアッパサポート外さないと交換出来ない
DSC_7406



アッパサポート外すには左右ライトも
DSC_7407







そしてラストはエクスパンションバルブ
タントはエンジンルームに有るのでダッシュ降ろしてヒーター&エアコンユニットを外して交換とかでは無いので楽ですね(場所は狭いですが)
DSC_7413




エアクリーナーとバッテリーを外してスペース確保してから作業します
DSC_7414




まずは配管を外して
DSC_7415




これが新品のエキパンになります
DSC_7416




エキパンを固定してるボルト
これが錆び付いて緩まないケースも有るのですが
今回は素直に緩んでくれました
DSC_7417




古いエキパンになります
DSC_7418




エバポレーターのOリングを取るのに奥まってるので取りにくいですね
DSC_7419




Oリングを取るには爪楊枝を使います
ドライバーとか先の硬い物はNGです
配管に傷が付いたりすればそこからガス漏れしたりしますからね
DSC_7420




外しました
DSC_7421




Oリング交換時のイメージです
DSC_7422





配管を外す前にはフロンガスは回収してます
DSC_7424




ガスは充填量を守る必要が有ります
DSC_7425




真空引きして
ガスを入れたのですが
圧力が高くて
サイクル内に残ってるオイルが多いのかなと推測して
もう一度真空引きをしてガスチャージしたら
冷え具合も少しマシになりましたね

アイドリング時の圧力
DSC_7427




3000回転時の圧力
DSC_7428

圧力の理想としてはもう少し低いと良いのですが




一番冷えてる時の吹き出し口の温度
DSC_7440





停車時の効きがイマイチで走行すればよく効くので電動ファンのモーターの回りが少し弱い感じするので後日交換する予定してます