5
ROLEX ムーンフェイズ
 
空の星や月の動きを示す時計がある
それは16世紀初めの携帯時計の夜明けの時代から人々の情熱を駆り立ててきた
しかし、事実、古来からの天文周期は人々の生活に常に重要な役割を果たしてきた
天文学上の目的であれ、潮の満ちひきであれ、農耕のためであれ、例えばある森では満月の2日後に伐採しなければならないといわれてる、そうすることによって害虫に強い木が育つというのだ、この伝統は今も受け継がれている
 
1940年代終りに、ROLEXは天文時計の高まり続ける人気に答えなければならなかった
そして素晴らしい2つのモデルを生み出した
それは同時期に作られた他のメーカーのどれと比べても最高のものである
オイスターパーペチュアル・クロノメーターのリファレンス8171と6062
いずれもカレンダーとムーンフェイズ付きの自動巻きでオイスターケースの防水性を備え、クロノメーター検定に合格した精度を持つ
 

6062は1950~53年の間に18KYGが350本
18KPGが50本
ステンレスが数本作られた
ラグからケースにつながる曲線の美しさがこのを際立たせる
ダイヤルはシルバー・マットで、星形のインデックスは他のモデルにはみられず、特に黒ダイヤルは希少
黒のダイヤルには黒のムーンフェイズが付き、シルバーダイヤルにはブルーエナメルのムーンフェイズが付く

_20200111_093331


_20200111_093355







 
8171は1949~52年に掛けて、18KYGで1000本
18KPGとステンレスは各数本が作られたのみ

_20200111_093418


 
6062と8171のキャリバーはA・295で同じですが、8171に搭載されたムーブはローターを外すことなく、緩急の調整が出来る特徴が有る
これは自動巻き時計においては初めの改良であり、現在にも引き継がれてる


※写真はネットからの引用です※
10年前に他の所にアップしてた記事になります






ランキングに参加しています
ポチッと宜しくお願いします(^-^)v

模型・プラモデルランキング