模型製作・車の修理・ロレックス等
プラモデルはフェラーリをメインに製作してます

「月刊ホビージャパン」という模型雑誌でカーモデル作例ライターとしてデビューしましたが試行錯誤の連続です 次の仕事は来るのか?ドキドキです😅💦 作例製作中blogは不定期更新になります
長年の整備経験を活かした本気の製作をする時も稀に有ります

2021年07月

5
_20210418_152946
タミヤ ロータス・ヨーロッパ スペシャルのプラモデルを製作しています











前回から1週間放置して
窓枠の塗装を
DSC_7016





GSIクレオスのメッキシルバーnextを吹いてます
DSC_7018




ガラスの取り付け準備
DSC_7020




リアウイングの取り付け
DSC_7021




ガラス
エポキシで取り付け
DSC_7022




三角窓の所セミグロスブラックで塗らなければならないのを忘れてました
ガラスを付けてからでは無理ですね( ;∀;)
エポキシなので外そうと思えば外せますが
クリアーパーツ割れるのが嫌なので外して塗るのは辞めときます
細いマジックで少し塗ってみます
DSC_7023




取りあえず形にはなりましたね
DSC_7024




黒は大変ですね(゜ロ゜;ノ)ノ
DSC_7025




バッテリーの配線してるの見えませんね
これならハイドロマスターの方をすれば良かった(^_^;)
DSC_7026






今朝は6時前からウォーキング
その後庭の雑草抜き………
朝9時の時点で疲労困憊(゜ロ゜;ノ)ノ
Screenshot_20210722-090207








5
_20210612_172937
タミヤ 1/24 フェアレディ240ZGのプラモデルを製作しています









エンジンルーム内のフレーム
見比べれば判りやすいと思います
DSC_6991




ボンネットの裏
押しピン跡有りますね
DSC_6992




真ん中のパーツが少し前になってる感が有ったので
少し後ろ(ボンネットの方へ)へ行くようにしてます
DSC_6993




少しボンネットの隙間もマシになったような気もしますが………
果たしてこれで良いのやら?(^_^;)
パチピタのタミヤなので下手に触ると何かバランスが崩れたりしてないだろうか?と心配になってきます
DSC_6994




フロアーにナットを仕込んでます
DSC_7059





フレーム塞ぎました
DSC_7060



処理出来たパーツから持ち手を
DSC_7061

パーツ自体は多いので大変ですが合いは良いのとマスキングが簡略出来るパーツ分割が多いので最終的には楽できるんでしょうね






昨日届いたBT44Bと934ターボの箱の比較

F-1のキットってコンパクトなんですね(^_^;)
まぁF-1には見向きもしませんでしたので箱のサイズも判らずで(^_^;)

古いF-1なので小さめなのかな?
DSC_7298




934ターボとは合いませんね(^_^;)
こちらの方が合いますよね\(^o^)/
DSC_7300






5
_20210612_172937
タミヤ 1/24 フェアレディ240ZGのプラモデルを製作しています











これはもう1台有りますね
これも嫁が少しカットしてくれてますね
DSC_6979





ここの押しピン跡これはボンネットを開けると目立つので処理した方が見映えは良くなりますね
DSC_6980




先に接着しても差し支え無いと言うか同じ色で塗るパーツは先接着します
その方がパーツも減った感も有りますからね
DSC_6981




リアゲート隙間が見えるので何か処理が必要ですね
DSC_6982




ドアトリムに穴開け
DSC_6983



左ハンドルの展開も想定されてそうな予感も?
DSC_6984



フェンダーミラーの穴も開口
DSC_6985





オーバーフェンダーの取り付け穴も開口
DSC_6986
リアゲートにも穴を開けましたし

これで開口する所は全て終わったかな? 


今回1.0ミリと0.6ミリが必要でした
ピンバイスも必要な時多いので最低限のセットぐらいは有った方が良いですね





奈良での用件も終わりましたので
DSC_7123





梱包し
送りますが
北海道も暑いですね(゜ロ゜;ノ)ノ
避暑にはなりませんね(^_^;)
DSC_7288




昼で家に帰ったら
届いてました
1/12でも箱は小さめですね

DSC_7296




5
_20210612_172937
タミヤ 1/24 フェアレディ240ZGのプラモデルを製作しています




何の説明も要らないとは思いますが
少しだけ
パワーではS20搭載の432の方が上ですが
乗りやすさではトルクの有る240Z系の方が良いと言われてますね

432はプリンスのS20と日産のボディーの相性が良くなかったみたいな話も有ったように記憶してます



L型エンジンも6気筒は2000〜2800cc迄有ります
(ここでは4気筒のL型の説明は省略します)
あとディーゼルも有りましたねLD28です(4気筒ディーゼルも有ったと記憶してます)
このLD28のクランクシャフトを使って
L28をボアアップして3.1Lや3.2Lにする時に使うので有名です


ソレ・タコ・デュアル
チューニングの三種の神器ですよね
あ〜懐かしい\(^o^)/



当時日産ワークスのクロスフローヘッドを搭載したエンジンLY28が300PS前後と言われてました
(シリンダーヘッドだけを交換してるのと違いレース用のチューニングされてます)


OS技研がDOHCのヘッドを開発
TC24-B1になりますね
(最近のはTC24-B1Zです)



L型エンジンのルーツはメルセデス・ベンツの直6エンジンをコピーしたと言われてます
ロッカーアーム回りに似かよる点が有りますね








嫁が簡単に切り出ししてくれてます
DSC_6967




オーバーフェンダーやフェンダーミラーの取り付け部分
開口が必要ですね
240ZG専用ならオーバーフェンダーの穴は最初から開いてても良いのですが
他への流用も考えられますよね?
DSC_6973





DSC_6974




リアフェンダー上部のこれは何だろう?(ボディーの内側)
ムムムもしかしてあれ?
私の勝手な推測なので確定と違いますので
サ◯ァ◯?とかも期待して良いのかな?
DSC_6975



フレームのここはこの形状では無いんですよね
DSC_6976



なので蓋します
蓋しますの表現が正解と言われたら…………
DSC_6978




Gノーズはカッコいいですね
DSC_6977







5
_20210418_152946
タミヤ ロータス・ヨーロッパ スペシャルのプラモデルを製作しています













前回より次の日に見た状態
デカールの段差が判りますね
DSC_6860



磨いて段差が消せるか?
DSC_6920





DSC_6921




磨いてます
DSC_6927




DSC_6928





DSC_6929





DSC_6930




細かな傷が目立ちますね
DSC_6931




エンジンフード緩めにしてけど
キツキツです(゜ロ゜;ノ)ノ
もう暫く放置しとくか
DSC_6932




↑このページのトップヘ