模型製作・車の修理・ロレックス等
プラモデルはフェラーリをメインに製作してます

「月刊ホビージャパン」という模型雑誌でカーモデル作例ライターとしてデビューしましたが試行錯誤の連続です 次の仕事は来るのか?ドキドキです😅💦 作例製作中blogは不定期更新になります
長年の整備経験を活かした本気の製作をする時も稀に有ります

2021年01月

5
_20201226_235652
ハセガワ  70スープラ ターボリミテッドのプラモデルを製作しています





シートのサイドの合わせ目の処理はこれぐらいで
DSC_5355




シャシー側面のゲートの処理がイマイチだったのでラッカーパテを
DSC_5356




ドアトリム部のゲート処理もイマイチで
同様にラッカーパテを
DSC_5357





ドライブシャフトのブーツにタミヤ エナメルのラバーブラックを塗りましたが違いが判らないですね(^_^;)
DSC_5358





DSC_5359





DSC_5360




ホイールに黒サフ
DSC_5361



ボディーに黒サフ
DSC_5362




DSC_5363




ドアトリム部
傷は消えてそうですね
DSC_5364




シート側面
これぐらいなら
昼間の明るい時に見ても大丈夫かな?
DSC_5365





DSC_5366





5
_20201226_235652
ハセガワ  70スープラ ターボリミテッドのプラモデルを製作しています





黒サフを吹いてます
今回使うのは全て黒サフにしました
DSC_5345



DSC_5346





DSC_5347




DSC_5348




DSC_5349



ワイパーとペダルにフラットブラック
DSC_5350




セミグロスブラック
クレオスのセミグロスブラックですと艶が少し少ないと思いまして
ガイアのセミグロスブラックを使ってます
DSC_5351





シートの合わせ目の処理が甘いので溶きパテを使用
DSC_5352



ホイールはメッキを落としてます
DSC_5353



メッキは簡単に落ちました
DSC_5354



こちらの商品を使うほどでも無かったですね

5
DSC_5321
ハセガワ  70スープラ ターボリミテッドのプラモデルを製作しています



考えてみれば発売されてすぐのキットを組むのはいつ以来だろう?
依頼で作ったタミヤのNSXかな?
プラッツのBMW M6もすぐでは無かったような気もしますが………
基本的には買ってもすぐに組まない事が多いですね(^_^;)
だから積みが増える…………
悪循環を一度絶った方が良さそうな気もしますが
それとも1つのキットに時間を掛けすぎ?
もっとサッサと作らなければダメかな?(^_^;)
本格的製作5年を過ぎたのだから
段取り良くする事も必要ですね


昨日親戚モデラーとの話の中で近所のYAMADAは30%引きでpoint10%だけどビックスケールが売ってないのが残念と言ったら
「ビックスケール送ります!」
ヤバい本当に送られて来るのか?(゜ロ゜;ノ)ノ

キットだけを送ると受け取り拒否出来るが東京へ送ったエンツォ&ポルシェの段ボールに括り付けてたら受け取り拒否出来ないので
一緒に送られて来そうな…………

自分で買ったのと違えば隠す必要もないですが
作る時間が無いだろうな








パーツカットとゲートの処理とパーティングラインの処理
DSC_5337




ボディー
目立ちませんがパーティングラインは有るのは有ります
DSC_5338




ヘッドライトは開閉しますね
DSC_5339




蓋だけ先に点検中
DSC_5340





サフを吹けるパーツから持ち手を付けて
DSC_5342





細かく再現されてるのでパーツは少し多いですかね
DSC_5343





5
Screenshot_20210103-074144

年末年始の休みになり大晦日以外は少なめに
今朝もまだですね(^_^;)
サボってる訳でも無いのですが
夕方頑張るとしますか






5
DSC_5321
ハセガワ  70スープラ ターボリミテッドのプラモデルを製作しています




新製品をすぐに組むのは珍しいのですが(^_^;)
今年は気合いの入り方が違う?
まぁそんな事は有りませんが(^_^;)
たまには新製品をすぐに組んだ方が閲覧数が上がるかな?とかも考えては無いのですが
今回はランナーの簡単な紹介ぐらいですね





まずは箱を開けて説明書を取り出し
軽く目を通します
説明書を見るだけでも再現度が高いのが判りますね
DSC_5322




今年再販されたタミヤの70スープラと比較
設計された年代が違い過ぎるので
タミヤがダメとかは言えませんよね
DSC_5323



タミヤのは1988年ですね
32年の差が有れば仕方無い事も有りますよね
今の技術で出してくれたハセガワに感謝ですね
DSC_5324




足回りも細かく再現されてますね
(後ろの足回り)
DSC_5325




こちらはフロントの足回りになります
DSC_5326



シャシーとは別にバスタブが有りますが
フロアー部分の凸凹
後で発売されるMINOLTAと共通だからでしょうね
DSC_5327




助手席のシートレール部分はピンバイスでフロアーに穴を開けて取り付けるようになってます
DSC_5329



マスキングシール付いてます
DSC_5332




この突起が何かと思ったら
DSC_5334



ラジオのアンテナですね
DSC_5335



ボンネットのウォッシャーノズルもキッチリ再現されてますね
DSC_5336






フジミの70スープラの製作
本格的に製作し始めたばかりの頃なので
今から思えば甘々ですね(^_^;)





タミヤGRスープラの製作






にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

模型・プラモデルランキング

↑このページのトップヘ