5
たまにはエンジンでも………
プラモデルと違いますよ(^_^;)))
真面目に(^_^;)))
プラモデルばかりのブログですが
本業は車の整備士で………
いちよう………
やる気は……




作業内容は………
走行距離は20万キロを超えて
エンジンオイルの消費が増えてます
普通はオイル漏れから点検して
特に多く漏れてる所も無いので
予想されるのはバルブのステムシールの硬化によるオイル下がり
後はピストンリングのヘタリによるオイル上がり
燃焼室にオイルが入ってると言うことですね

オイル下がりとオイル上がりの区別の判断は
アイドリングでエンジンを掛けておき、軽く吹かしてモクモクとマフラーから青白いオイルが燃えた煙が出ればオイル下がり
エンジンを吹かした状態を続けてモクモクとマフラーから煙が出るのがオイル上がりとはんだんな目安にします
今回両方の方法で点検してみたが煙の出る量が少なくて……
どちらか判断もつきにくく(;´∀`)
念の為にバルブステムシールとピストンリング交換の見積を出しました

お客様から見積にOKを頂きまして
作業に掛かります
エンジンはトヨタの7Kになります
7Kとは………昔はスターレットやカローラに搭載されてたK型エンジンの最終発展系になるのかな?


基本は昔のエンジンですので
OHVです
オーバーヘッドバルブ


まずはインマニとエキマニを外しました
昔のカローラやスターレットに搭載されてる時ならインマニとエキマニも付けたまま降りしてましたが
タウンエースの番でエンジンが少し奥まった位置になりますので重いとガラスの腰の老体には厳しいので
安全策をとってます(^_^;)))


OHVなのでタイミングベルトは有りません
タイミングチェーンは有りますがシリンダーヘッドまでは来てません
シリンダーブロック内にカムシャフトが有りますよ

簡単に説明を
OHV-オーバーヘッドバルブ
SOHC-シングルオーバーヘッドカムシャフト
DOHC-ダブルオーバーヘッドカムシャフト

写真はロッカーアームとプッシュロッドを外した状態です
OHVはシリンダーブロック内にカムシャフトが有りプッシュロッドでロッカーアームを動かしバルブを開閉させます
ダイレクトにカムシャフトがバルブを開閉させたりするDOHCに比べて高回転までエンジンが回らないですね
(DOHCでもロッカーアームの有るエンジンは有ります)


ロッカーアームを外したシリンダーヘッド側です
バルブスプリングが並んでるのが見てますね
このエンジンは4気筒で8本のバルブと言う事は1気筒あたり2バルブと言う事になります
今は燃費の良い車でもDOHCや4バルブ等は常識になって来てますよね


いきなりシリンダーヘッドが降りてます(^_^;)))


こちらはシリンダーヘッドを降ろしてシリンダーブロック側です
シリンダーヘッドガスケットが残ってますね



次はエンジンの下側へ
オイルパンを外してます
エンジンオイルが溜まってる場所ですね


オイルパンを外したシリンダーブロックを下から見てます
オイルストレーナーやコンロッドやクランクシャフトが見えます


コンロッドのキャップを緩めてピストンを上へ抜きます


良く見るとオイルリングにカーボンが溜まり固着してリング乗り換えたりとか役目を果たしてるとは思えない状態です
コンプレッションリングは特に問題はなりませんね






ピストンを抜いたシリンダーブロック


コンロッドを外したクランクシャフト


シリンダーヘッドはこれからバルブを外したりしていきます


エンジンはばらすと洗浄が大変なんですよね(^_^;)))
ガスケットのカスやスラッジやカーボンを綺麗に掃除しなければ(^_^;)))

分解した結果ピストンリング(オイルリング)の固着とバルブステムシールの硬化が原因みたいですね
ピストンリングも見積しといて正解でした


組み付けは数日後に………アップ予定です
洗浄が大変で(^_^;)))
アップ無ければエンジン組めなかったと………
う〜ん(゜ロ゜;ノ)ノ
それはヤバイな(^_^;)))
マジで組まなければ(゜ロ゜;ノ)ノ














ランキングに参加しています
ポチッと宜しくお願いします(^-^)v